ばね指と手術

スポンサーリンク

ばね指と手術の関係

ばね指は手術が必要な場合と手術が必要なく自分で治すことができる場合があります。

 

 

手術が必要ない場合というのは初期症状で、たまに朝起きた直後に違和感
を感じることがあるけどすぐに治ることが多いといった段階です

 

この状態は長い人で数年かかることもありますから、それまでに日常生活で指を使う作業が減ったりすると、ばね指が自然治癒する可能性も高いといえます。

 

 

 

そして、手術が必要な人というのは指の違和感から痛みも伴うようになった場合です。ばね指の初期症状は痛みを伴わず違和感といっても軽い症状なので深刻に考える方も少ないのが現状です。

 

 

また、健康診断で胸部レントゲンを撮ることはあってもなかなか指の検査までには至りませんので、ばね指に気づいたときにはかなり進行していて手術が必要な場合がほとんどです。

 

 

しかし、手術といっても15分程度あれば終わりますのでそれほど構える必要はないと思います。

 

料金も保険が効きますのでほとんどの病院で1万円以下で手術を受けることができます。手術を受けたくないという理由には、料金が高いとか時間がかかりそうで嫌だというようなことが挙げられます。

 

 

ばね指の手術はこれらの何れにも該当しませんので安心してください。逆に、先延ばしにすればするほど症状も悪化して生活に支障をきたしてしまいます。

スポンサードリンク

ばね指と手術関連ページ

対処法
症状
原因
腱鞘炎
テーピング