ばね指を改善するつぼ

スポンサーリンク

ばね指を改善するつぼ

ばね指って聞いたことがありますか?

 

ばね指とは、ゆびの曲げ伸ばしをする時に抵抗があったり、バネ仕掛けのような動きになっしまう症状で、動かすと痛みもあるようです。ひどくなると指が曲がったままの人もいるようです。

 

そんなばね指になってしまった時に症状を改善するつぼがあるそうです。つぼは、どの指がばね指になっているかによって違うようなので、ここではよくなりやすいと言われる親指を例に説明したいと思います。

 

 

まず手の平と手の甲の境目(ちょうど皮膚の色の変わり目のところ)、そして親指の付け根から手首までの真ん中、この二つがちょうど交わるところを押してみてください。そうすると少しくぼみがあるそうです。そこがばね指に効くつぼだそうです。反対の手の親指で、自分が気持ち良いと感じるくらいの強さで押すとちょうどいいそうです。

 

しかし、つぼを押しても治るとは限りません。一時的に改善する人もいるかもしれませんが、慢性化している場合や、つぼを押しても症状が改善されない場合は、病院に行って治療をしてもらいましょう。

 

 

 

ばね指に効く注射をしたり、場合によっては手術をしないと治らない場合もあるようです。指の曲げ伸ばしに違和感を感じたら、慢性化する前に早めに病院に行って診てもらいましょう。

スポンサードリンク